写真時代 1982年7月号 / Super Photo Magazine July 1982

-

¥1,800 + tax
Publisher/白夜書房   Published/1982
Format/ソフトカバー   Pages/146   Size/210*285*10
本書は、編集人・末井昭の陣頭のもと、荒木経惟との名タッグを始め、森山大道・北島敬三・倉田精二ら戦後日本を代表する写真家が長らく連載を続けた他、長谷川明、赤瀬川原平、上野昴志、島本慶らのライターも参加した伝説の写真誌『写真時代』。国内に、写真専門のアートギャラリーも生まれ始めた時代に、写真を芸術の枠にとどめず、グラビア・ヌードや(性)風俗の情報も織り交ぜながら、エロスとアートが交錯する「大衆誌」のポジショニングを維持。多くの人々に「芸術写真」を手の届く日常で触れさせると共に、「荒木経惟」という写真家の個性と一般大衆への認知を確立した意味でも、大変意義深い雑誌でした。その過激な内容ゆえに、1988年に廃刊となってしまいましたが、こちらは1982年7月号。荒木経惟「3大激写」、森山大道「光と影」、倉田精二「大韓民国」、金正坤「在日史街道」、石川真生「熱き日々 in キャンプハンセン」、浜田蜂朗「殺風景」の他、川田喜久治特集等収録。
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> 本体:カバー少スレ、縁少イタミ、
天・地・小口少ヤケ・少スレ、その他経年並み 
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP