ファミリーヌード / Family Nude

大竹 省二 / Shoji Otake

¥25,000 + tax

Publisher/朝日ソノラマ

   Published/1977
Format/ハードカバー   Pages/230   Size/158*218*25
Google Translate
日本を代表する写真家のひとりである大竹省二の作品集『ファミリーヌード / Family Nude』。戦後より中村正也や秋山庄太郎らと共に、女性のポートレートやヌード作品で名を馳せた大竹省二の異色作がこちらです。1971年から5年間に渡って、日本テレビの「お昼のワイドショー」内の企画「美しき裸像の想い出」と題された特集とその秘話をまとめた一冊です。昼の時間帯の娯楽番組の視聴率合戦に対抗すべく、一般女性(おもには主婦)のヌードとその子供たちとのポートレートを撮るという、現在では考えられないような企画が立案され、最終的には約8,000人の応募がなされたそうです。「女性を美しく撮るならば大竹先生」と指名され、安請け合いしたものの、素人を撮影することの技術的な難しさや精神的苦悩が多く綴られています。前半は、主に同番組の企画・制作をプロデュースした日本テレビの柴田宏二による誕生秘話と裏話、後半は大竹撮影による写真図版と撮影の実際やテクニックが書かれています。
<Related Artists> 大竹 省二 / Shoji Otake中村 正也 / Masaya Nakamura
<Condition> ジャケット:少スレ・縁少ヨレ
本体:天・小口少ヤケ・少シミ、奥付少シール跡
order
order

TOP