Zuhause

Einar Schleef

¥9,800 + tax

Publisher/Suhrkamp

   Published/1981
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/240*300*10
Google Translate
ドイツの写真家Einar Schleef(1944-2001)の写真集『Zuhause』。作家や劇作家、演出家などでも知られるEinar Schleefですが、バラ栽培で有名なドイツ中北部の都市・ザンガーハウゼンで生まれ、ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学に在学中、1965年から写真を始めています。Einarの写真の主題は、彼にとって大切な人々(ガールフレンドや母親)や作品化された土地(東西ベルリンやニューヨーク、デンマークなど)でした。本書は、1981年に発行された写真集です。タイトルは「HOME」を意味し、Einarの母親と自身の生まれ故郷であるザンガーハウゼンの街並みを写し出しています(この場所も重要な主題だったそう)。撮影が行われたのは1970年だそうですが、人気もまばらで、どことなく物悲しさが漂う地方都市の冬の情景や道路で遊ぶ子どもたち、そして雪に覆われた郊外のような場所の自然(入り組んだ樹木など)を収めています。地方ならではの風情や素朴な風景に詩情が宿る1冊です。
<Related Artists> Eugene AtgetBerenice Abbott
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ及びイタミ
天・地・小口少ヨゴレ、その他経年並み
order
order

TOP