Moriyama Daido 1970-1979

森山 大道 / Daido Moriyama

¥30,800(¥28,000 + tax)

Publisher/蒼穹舎

   Published/1989
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/228*258*15
Google Translate
戦後日本を代表する写真家森山大道の写真集『Moriyama Daido 1970-1979』。1960年代半ばより作品を発表し、以降数々の写真集を刊行。『にっぽん劇場写真帖』『写真よさようなら』『狩人』『蜉蝣』『光と影』等は現在まで語り継がれる名作と評価されています。本書『Moriyama Daido 1970-1979』は、1989年に蒼穹舎から刊行された写真集で、森山が70年代に撮影した写真(一部当時未発表を含む)をまとめています。その多くが『アサヒカメラ』『カメラ毎日』の連載として発表されたもので「何かへの旅」「地上」などを収めています。雑誌連載の一部は『狩人』や2009年に月曜社から発行された『何かへの旅 1971-1974』でもコンパイルされていますが、森山のキャリアの上で、時代的にもこれらの雑誌連載はとても重要な仕事であったと思われます。日本各地を訪れ、撮影されたこれらの写真群は、地域性をほのかに漂わせながらもそれを払拭するかのような強烈なイメージで溢れています。80年代刊行の作品集の中でも森山の代表作にあげられる一冊で、編集発行人は大田通貴。
<Related Artists> 森山 大道 / Daido Moriyama
<Condition> ジャケット:少スレ・少ヤケ・縁少イタミ
本体:天・小口薄ヤケ・薄ヨゴレ、その他経年並み
order
order

TOP