曼陀羅図鑑 / Mandara Zukan

原 芳市 / Yoshiichi Hara

¥16,500(¥15,000 + tax)

Publisher/晩聲社

   Published/1988
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/205*210*35
Google Translate
日本の写真家原芳市の写真集『曼陀羅図鑑 / Mandara Zukan』。原芳市の代名詞と言えば「ストリッパー」。1970年代〜80年代にかけて、東京を中心とする女性ストリッパーのポートレートや演出シーンを収めた図版の数々は、1982年に自費出版で刊行された「ストリッパー図鑑」をはじめ、「ザ・ストリッパー」「ストリッパー名鑑」のタイトルで多数上梓され、さらには和多田進の晩聲社からは「ぼくのジプシー・ローズ」として、ドキュメンタリー風に発表されています。そして本書が、1988年発表の代表作。ストリッパーのみならず、全国津々浦々で撮影されたポートレートやスナップで構成され、300図版が収録された大著。SM嬢やヌードのみならず、市井の人々の肖像や、何気ない一瞬を捉えた風景などには、どことなく「エロス」を感じさせるところに原芳市らしさが宿ります。同時に、写真家としてヒト・モノ・コトへの尽きない関心の強さにも圧倒される、まさに「曼陀羅図鑑」。デザインは鈴木一誌・大竹左紀斗。
<Related Artists> 原 芳市 / Yoshiichi Hara押田 了 / Ryo Oshida石垣 章 / Akira Ishigaki
<Condition> ジャケット:少スレ・少シミ・少ヨゴレ・
少イタミ、本体:天・地・小口少ヨゴレ
order
order

TOP