Rikako Kawauchi: Works 2014–2022

川内 理⾹⼦ / Rikako Kawauchi

¥3,300(¥3,000 + tax)

Publisher/美術出版社

   Published/2022
Format/ハードカバー   Pages/286   Size/175*250*35
Google Translate
鉛筆と水彩のドローイングや油彩のペインティング、様々な素材を用いた立体作品など、幅広い表現を用いる日本のアーティスト、川内理香子の作品集『Rikako Kawauchi: Works 2014–2022』。1999年東京都生まれ、多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究領域修了。美大在学中から頭角を表し、2015年資生堂ギャラリーでの展示にて、最年少でShiseido Art Egg賞を受賞して注目を集めました。本作は、2020年に発行されたドローイング集『drawings』に続いた二冊目となります。ドローイングに加えてペインティング、彫刻作品を含めて、2014年から当時の最新作までの150点が収められています。引っ掻いたような力強いタッチや幾重にも塗り込まれたような絵の具の層が迫力を持って見るものを圧倒するペインティング作品をはじめ、作家の身体観を色んな角度から着目した蔵屋美香の論考や、作家の幼少期から今後の展望までを取材したインタビューも収録した集大成のような一冊となっています。
<Related Artists> David Hockney
<Condition> 本体:カバー少スレ
order
order

TOP