センチメンタルな旅 春の旅 / Sentimental Journey, Spring Journey

荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki

¥22,000(¥20,000 + tax)

Publisher/Rat Hole Gallery

   Published/2010
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/190*260*15
Google Translate
1960年代から活動を続け、喜寿を過ぎた現在も作品を発表し続ける写真家・荒木経惟の作品集『センチメンタルな旅 春の旅』。1991年に刊行以来、未だに重版が繰り返される荒木の代表作『センチメンタルな旅 冬の旅』。42歳の若さで逝去された最愛の妻・陽子との思い出を綴った名作で、新婚旅行から始まり、陽子の死、そして残された荒木と愛猫チロで結ばれるドキュメンタリー。そして、その対の作品として、刊行されたのが本作になります。2010年にRat Holeでエキシビジョンが行われた際に上梓され、モチーフは「チロ」。陽子の死を共に乗り越えて、20年以上もの間荒木のパートナーとして寄り添ってきたチロが、老衰して、目が潤い、やせ細り、死を迎え、そして遺骨となるまでの一連がカメラに収められています。「冬の旅」と同様に涙なくしては見られない写真集。900部限定。
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> ジャケット:少スレ、本体:経年並み
order
order

TOP