赤花 アカバナ - 沖縄の女 / Red Flower

石川 真生 / Mao Ishikawa

¥16,500(¥15,000 + tax)

Publisher/Session Press

   Published/2017
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/330*240*13
Google Translate
沖縄を代表する女性写真家・石川真生の写真集『赤花 アカバナ - 沖縄の女 / Red Flower』。日本を代表する写真家・東松照明のワークショップで写真を学び、70年代より「沖縄」にこだわり続けて活動を続けている石川真生の最新作が本書。写真家の意思と反して反響を呼び、すぐに絶版となってしまった幻の処女作『熱き日々 in キャンプハンセン!!(1982)』に収録された図版、及び未発表作品より構成された作品集。米兵を撮るためバーに入ったが、次第にそこで働く女性たちに目を向けられていった「沖縄の女」を描写した一冊。以下本文の写真家テキストより「黒人を愛して何が悪い、黒人バーで働いて何が悪い、自由を謳歌して何が悪い。セックスを楽しんで何が悪い。狭い沖縄で開き直って生きている女たちが私は好きだ。(中略)黒人を愛した女たちが私は愛おしくてならない。これらは、1970年代に20代の私が撮った最も大切にしている写真たちだ」。
<Related Artists> 石川 真生 / Mao Ishikawa比嘉 豊光 / Toyomitsu Higa東松 照明 / Shomei Tomatsu
<Condition> 本体:縁極少イタミ
order
order

TOP