Libertin DUNE No.3 2012

-

¥3,300(¥3,000 + tax)

Publisher/アートデイズ

   Published/2012
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/225*295*8
Google Translate
伝説の編集長・林文浩がファウンダーのファッション・カルチャー誌『Libertin DUNE No.3 2012』。大腸ガンを患って、わずか46歳という若さで逝去された林文浩が、ファッション・アート・サブカル関連のネットワークを駆使して、錚々たるアーティストや写真家が参加した『Dune』。宮沢りえが表紙を飾った1993年の創刊号から、菊地凛子がカバーの2008年第33号・終刊号。そして、ソフィア・コッポラがカバーを飾り『Libertin DUNE』として、2011年に復刊を遂げたものの同年に林は急逝。その後は、妻であり、元々はスタイリスト・フォトグラファーで、i-d Japanのエディトリアル・ディレクターも歴任した林香寿美が編集長を担い、本号が第3号。草間彌生、田名網敬一、Ed Templeton、Nick Heymes、Kim Jones、Christian Joyなどが登場するほか、鈴木親による「Tokyo City」、Olivier Zahmによる「Lo: Vanna」、Felipe Sanguinettiによる「Women Only」なども収録されています。
<Related Artists> DUNE
<Condition> 本体:縁少イタミ
order
order

TOP