消滅した時間 / Where time has vanished(First Edition)

奈良原 一高 / Ikko Narahara

SOLD OUT
Publisher/朝日新聞社   Published/1975
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/360*370*35
日本を代表する写真家奈良原一高の写真集『消滅した時間 / Where time has vanished(First Edition)』。中央大学法学部を卒業後、早稲田大学の大学院で美術史を専攻し、以後前衛芸術に傾倒し、多くの芸術家と交流を深めながら、写真家の道を切り開いていった奈良原一高。1956年の初のエキシビジョン「人間の土地」で鮮烈なデビューを果たし、58年の「王国」で日本写真批評家協会新人賞を受賞。崇高な美的感覚と卓越したカメラワーク、常に斬新な作品を発表し、写真表現の新しい可能性を追求し続けた戦後日本が誇る写真家で、海外ではIKKOの愛称で親しまれ高い評価を受けています。本書は、奈良原が1970年〜74年のアメリカ滞在時に撮影した101の図版で構成された写真集。ゼロから写真を新しく考え直したいと1971年にダイアン・アーバスのワークショップに参加した際に、アーバス本人から賞賛された作品「ジャックリーン・マスクの二人」等も含まれています。(The Japanese Photobook 1912–1990 収録)
<Related Artists> 奈良原 一高 / Ikko Narahara
<Condition> スリップケース:少スレ、少シミ、少ヨゴレ
輸送箱欠、本体:表紙少シミ・少ヨゴレ、見返し少シミ
order

TOP