愛しのチロ / Chiro, My Love(First Edition, First Printing, Signed)

荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki

¥25,000 + tax

Publisher/平凡社

   Published/1990
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/135*195*13
Google Translate
日本を代表する写真家・荒木経惟の写真集『愛しのチロ』。本書は、荒木とその妻・陽子の愛猫であったチロの写真集です。「愛人だし、人生だし」と荒木に言わしめるチロは、1988年3月に生後4ヶ月で荒木のもとにやってきますが、当初、荒木は猫嫌い。しかし、「Aはたちまちチロのトリコモナス」「ったくもー、可愛いったらありゃしない」とすっかり態度を改めています。バルコニーや近所の屋根の上、陽子の腕の中、眠る荒木の腹の上……自由きままに振る舞うチロの姿と、それを愛でるようにシャッターを切る荒木。随所にテキストも挿入されており、荒木のチロに対する想いがダイレクトに伝わってきます。その多くが1989年に撮影されたものですが、ちょうど陽子が子宮筋腫で入院し、不在となっていた時期もあり(そして1990年に亡くなる)、荒木のセンチメンタルな気分を投影する被写体として、チロの存在があったかのように思われます。陽子がこちらの刊行をとても楽しみにしていた為、棺の中の陽子の隣にも添えられた本書。そんな荒木の当時の思いも添えられた貴重な写真家によるメッセージ&サイン入り。初版・第1刷。
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> 本体:カバー少ヤケ・少スレ・少ヨゴレ
天・小口少ヤケ・少シミ
order
order

TOP