シブヤ、シブヤ / Shibuya, Shibuya(With OBI)

石元 泰博 / Yasuhiro Ishimoto

SOLD OUT

Publisher/求龍堂

   Published/2007
Format/ハードカバー   Pages/198   Size/230*265*23
Google Translate
日本を代表する写真家・石元泰博(1921-2012)の作品集『シブヤ、シブヤ / Shibuya, Shibuya(With OBI)』。石元の写真表現を表すべく、「造形美」や「デザイン的」という言葉がよく用いられ、ニュー・バウハウス仕込みの卓越した審美眼は、当時の日本人の写真家にはない独特の世界観を創出していました。よって、桂離宮を代表とする建築写真や、都市を造形的に捉えたランドスケープなどが石元作品では大変有名ですが、ベースはやはりストリート・スナップではないでしょうか。その姿勢は、名作『ある日ある所』や『シカゴ, シカゴ』を見れば、感じ得るものがあります。本書は、石元が80歳を過ぎた晩年に、渋谷スクランブル交差点界隈で、主にノーファインダーで撮影した図版で構成された一冊。やはり造形感覚や独自の観察眼が、石元作品に通底しておりますが、街が解き放つカルチャーや、人間という個性の魅力に取り憑かれたように、写真という行為そのものを楽しむ石元のスタンスが伝わってくるような作品の数々です。帯付。
<Related Artists> 石元 泰博 / Yasuhiro Ishimoto
<Condition> ジャケット・本体:経年並み
order

TOP