Yokosuka Again 1980-1990(Signed)

石内 都 / Miyako Ishiuchi

¥22,000(¥20,000 + tax)

Publisher/蒼穹舎

   Published/1998
Format/ソフトカバー&スリップケース   Pages/-   Size/285*235*15
Google Translate
現代日本を代表する女性写真家・石内都の写真集『Yokosuka Again 1980-1990』。1980年代前後に発表された初期3部作『絶唱・横須賀ストーリー』『アパート』『連夜の街』は、日本の写真史にその名を刻む代表作として知られています。90年代以降は『1・9・4・7(1947年生まれの女性の手足)』『Hiromi 1955(詩人・伊藤比呂美)』『1906 to the Skin(舞踏家・大野一雄)』『マザーズ(母の遺品・身体)』『Scars(身体の傷跡)』『ひろしま(原爆被災者の衣服)』等、時間と記憶を刻む身体との接写の創作に意欲的に取り組んでいます。本書は、『絶唱・横須賀ストーリー』発表後、81年に横須賀のドブ板通りのキャバレー跡で行われた「From Yokosuka」展開催以降に撮影された図版で構成された一冊。石内にとって憎しみ(〜70年代)から愛しさ(80年代〜)へと変貌していった横須賀の街が収められています。写真家サイン入り
<Related Artists> 石内 都 / Miyako Ishiuchi
<Condition> スリップケース・本体:少スレ
order
order

TOP