森田衣起 写真集 Ⅰ

森田 衣起 / Iki Morita

¥6,000 + tax

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1989
Format/ソフトカバー&スリップケース   Pages/-   Size/160*210*20
Google Translate
日本の写真家・森田衣起の作品集『森田衣起 写真集 Ⅰ』。1949年生まれ、東京綜合写真専門学校(同級生にはギャラリー・プリズムを主宰し、写真評論家としても活躍した平木収ら)を卒業した後は、作品制作と並行して出身の同校、さらには武蔵野美術大学でも教鞭を取り、後進の指導にも従事してきた森田衣起。作品集としては、1980年代から90年代にかけて、同じボックスデザインの形態でI・II・Ⅲのシリーズ集を刊行しておりますが、本書は『第1号集 Ⅰ』。写真家及び編集者・評論家として活躍した大辻清司によるテキスト、及び東京綜合写真専門学校の創設者の一人で、同校が70年代初頭に発表していた『写真批評』を桑原とともに編集・発行していた重森弘淹によるテキスト「光景の彼方へー森田衣起のミクロ・コスモス」も付属されており、重森の言葉を借りれば「この表面でしかない光景の彼方の、風景の深層に向けての旅ではないのか。ともかくここは沈黙が支配している。歩く、暫くして立ち止まる。見る。さらに凝視める。見返される。凝視めかえされる。また歩く。その繰り返しがある」。
<Related Artists> 森田 衣起 / Iki Morita
<Condition> ケース:少ヤケ・少ヨゴレ、本体:縁少イタミ
order
order

TOP