ドイツ表現派 1920年代の旅(Signed)

北井 一夫 / Kazuo Kitai

¥2,000 + tax

Publisher/冬青社

   Published/2008
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/198*268*13
Google Translate
戦後日本を代表する写真家・北井一夫の作品集『ドイツ表現派 1920年代の旅』。「闘争」「田舎」「自然」「暮らし」時には「中国」といったモチーフを主体に、これまでドキュメンタリーをベースにした作品集を多数刊行してきた北井ですが、こちらは異色作。1920年代に隆盛を放ちながらも、ナチズムの台頭ともに消え去ってしまった「ドイツ表現派建築」をテーマに撮影された図版で構成された一冊。合理主義的な建築が主流となる前の、ユートピア的・幻想的な建築群でありながら、住宅・工場・倉庫といった実需を兼ね備えためずらしい建築が連なります。メンデルゾーンのアインシュタイン塔、ベルリンの集合住宅・工場、ピーター・ベーレンスのAEG工場、フィッツ・ヘイガーのチリーハウス、W・クライス旧ライン・ハーレー、ブルーノ・タウトの集合住宅などなど。戦前ドイツ建築のアート・ドキュメンタリーとも取れる内容です。写真家サイン入り
<Related Artists> 北井 一夫 / Kazuo Kitai
<Condition> ジャケット:少スレ、本体:経年並み
order
order

TOP