アトリエ 1954年11月号 / Atelier November 1954

-

¥2,000 + tax

Publisher/アトリエ出版社

   Published/1954
Format/ソフトカバー   Pages/110   Size/183*258*8
Google Translate
画家や彫刻等の美術家向けの雑誌として長らく刊行されたアトリエ出版社からの『アトリエ』シリーズ。当初は絵画用として、モデルやヌードから、風景等の写真が多数紹介されましたが、本書333号では「画家のために」のみならず「彫刻家のために」「デザイナーのために」「写真家のために」とも記されています。ちなみに本書のテーマ「モデルと構成」の「構成・解説」を担ったのは「猪熊弦一郎」。アンリ・マティスにも指導を受けた日本を代表する洋画家であり、1950年には三越の包装紙「華ひらく」をデザインしたことでも有名なデザイナー。1955年にはニューヨークに移住してしまいますが、その移住前に行っていた仕事のひとつになります。猪熊のアトリエで撮影され、2名の裸婦による様々なポージングが収録されており、撮影担当は中村立行。100ページ近くに渡って図版が収録されており、『アトリエ』シリーズの中でも、見応えのある「写真集仕立て」の一冊(全体的に右下角にヌレジミあり、波打ちは少)。
<Related Artists> 猪熊 弦一郎 / Genichiro Inokuma
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ・少イタミ
縁少ヌレシミ及び少イタミ(Condition:Acceptable)
order
order

TOP