光跡 3号 / Koseki No.3

フォト三河 / Foto Mikawa

¥4,800 + tax

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1979
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/200*220*5
Google Translate
本書は、1970年代後半から90年頃までに愛知を拠点に活動していたカメラサークル「フォト三河」より刊行されていた写真誌『光跡』の第3号。代表を務めていたのは、三河の風土や文化に関する写真集を多数刊行している山本宏務。編集も山本が担っていたようで、収録作品はモノクロ。それぞれが思い思いに撮影してきた作品を、それぞれのポケットマネーを集めて作品集としてまとめていたようです。そして、この洒落た表紙デザインは、同じ愛知県生まれで、美術インスタレーションのほか、グラフィックデザイン・タイポグラフィさらには建築デザインまで手がけるというマルチ・アーティストである味岡伸太郎によるものです。当初は毎年1回発行されていますが、途中より3年に一度となり、7号以降の刊行は不明。時に、奇抜なヌード、叙情性に富んだ美しい風景、味わい深いスナップなど、目に留まる素晴らしい図版も多数収録されており、アマチュア作品中心ながらも時代性を感じさせるユニークな一冊です。
<Related Artists> フォト三河 / Foto Mikawa味岡 伸太郎 / Shintaro Ajioka
<Condition> 本体:カバー少スレ・少キズ・少ヨゴレ
天・地・小口少ヤケ・少ヨゴレ
order
order

TOP