アラーキーの東京色情日記 写真時代7月号増刊

-

¥2,000 + tax

Publisher/白夜書房

   Published/1986
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/210*300*10
Google Translate
本書は、写真雑誌『写真時代』の1986年7月号の増刊で、荒木経惟の写真集の体裁をとった『アラーキーの東京色情日記』。1980年代に、写真好きから中年男性までを虜にして、爆発的な人気を誇った『写真時代』。この中心にいたのが荒木経惟であり、その荒木に「80年代の自分は、末井にプロデュースされ、末井に創られた」と言わしめた男が末井昭。写真時代の編集人であり、本書の編集、レイアウトそして「わかりやすい解説(奥付より)」も、末井昭によるものです。1985年1月から、1986年の4月頃までに撮られた作品で構成されており、前年にあたる「過去」の85年の写真は「モノクロ」、今年・86年の「現在」の写真は「カラー」で表現されており、そのモノクロ・カラーをあえて混在させて、過去と現在を往来するような仕掛けとなっています。荒木が所ジョージを写したポートレートをして「いまのところ情事」。ユニークな末井節も光る一冊です。
<Related Artists> 荒木 経惟 / Nobuyoshi Araki
<Condition> ジャケット:少スレ・少イタミ、本体:経年並み
order
order

TOP