Women See Woman -A Photographic Anthology by over 80 Talented Photographers(Hardcover)

-

¥3,000 + tax

Publisher/Thomas Y. Crowell

   Published/1976
Format/ハードカバー   Pages/145   Size/225*285*20
Google Translate
本書は、女性写真家ソニア・カッチャンと女性編集者シェリル・ウィーゼンフェルトらが中心となって刊行された作品集で、邦題は「女が見る女」。「女性だけのスタッフによる、女性だけをテーマとする、アメリカの女性写真家の写真集」。一般公募を行い、一人当たり25枚、合計1万枚近い作品の中から、80人・計130の作品に絞られて本書に収録されました。日米問わず、まだまだ女性写真家自体が少なく、全体の10%にも満たなかった時代に、今までは見られる対象が多かった女性が、見るという立場を再確認すべく作られたような一冊。何かのカメラ雑誌で、本書について、富岡多恵子が評論しているのを目にした記憶があり、ゲイリー・ウィノグランドの名作『Women are Beautiful』と比較していました。女が見る女は「きたなさ」がゴールとなっており、美しい点よりも特異な点を描写しているものが多いが、ウィノグランドのように、男が見る女は「きたなさ」を超越した中の「うつくしさ」があり、女が見る女のきたなさは一重底、しかし男が見る女は二重底であるという興味深いコメントを残していました。
<Condition> ジャケット:少スレ・少ヨゴレ・縁少ヤブレ
及び少イタミ、見返し角プライス表示カット、本体:天・地少ヨゴレ
order
order

TOP