Against the Wall

Pekka Turunen

¥70,000 + tax

Publisher/Kustannus Pohjoinen

   Published/1995
Format/ハードカバー   Pages/87   Size/305*410*23
Google Translate
フィンランドの写真家ペッカ・トゥルネンの写真集。1958年、ロシアとの国境にほど近い東フィンランドのヨエンスーに生まれたトゥルネンは、ヘルシンキ芸術デザイン大学で学び、学生時代から地方都市における生活や環境問題に関心を持ち、卒業後はヘルシンキのアカデミーオブファインアーツで教鞭を執っています。そして、本書が90年代半ばに刊行された処女作にして、写真史にその名を刻む屈指の傑作。トゥルネンが10年近い歳月をかけて撮りためたフィンランド片田舎のドキュメンタリー。舞台はティッカネンやモルスキーといった東フィンランドで、国内でも失業率が高く貧しい地域。50年前は4人に3人が田舎に住み、土地さらには森や畑で生計を立てていたというフィンランド人も、今では田舎暮らしの人は3人に1人となり、ヨーロッパの中でも急速に都市化が進みました。そのような環境下でも人生のユーモアや自尊心を忘れずに「精神的に豊か」に生きる人々やその暮らしを、トゥルネンは丁寧に描写しています。経済成長の裏側で失ってしまったものとは?人生にとって本当に大切なものとは?生きることの本当の意味を問いかける名著です。Parr & Badger / Vol Ⅱ掲載。
<Related Artists> Esko Männikkö
<Condition> ジャケット:少スレ・少イタミ、本体:見返し少ヤケ
order
order

TOP