Los Angeles 1964

Bruce Davidson

¥12,000 + tax

Publisher/Steidl

   Published/2015
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/295*300*10
Google Translate
アメリカを代表する写真家のひとりであるブルース・デビッドソンの写真集『Los Angeles 1964』。現在もSteidl社からを中心に多数の作品集を発表しているデビッドソン。50年代の「Life」誌での活躍に見るジャーナリズム、60年代~70年代のパーソナルな視点から見た公民権運動の記録、そして人種差別の最たる実態ハーレムのドキュメント『East 100th Street』、そして80年代の当時地元民からも恐れられ、ギャングが集った『Subway』のカラー描写など、時代に応じたスタイルとまなざしで、意義深い作品を多数残してきたデビッドソン。本書は、1964年に雑誌『Esquire』の編集者にロサンゼルスへと送られたデビッドソンが、空港・街中及び車中より撮影したスナップで構成された一冊。空港に降り立った瞬間に目に入ったヤシの木が印象的だったというその図版が表紙と1ページ目を飾り、モノクロ(及び黒人白人)のコントラストや、女性のスナップが目を引きます。編集者に拒絶されたことで長らく忘れられていた作品がようやく日の目を見た一冊です。
<Related Artists> Bruce Davidson
<Condition> 本体:経年並み
order
order

TOP