カメラ毎日 1974年1月(植田正治「小さい伝記」収録号)

-

SOLD OUT

Publisher/毎日新聞社

   Published/1974
Format/ソフトカバー   Pages/278   Size/183*258*15
Google Translate
本書「カメラ毎日1974年1月号」では、日本を代表する写真家・植田正治による「小さい伝記」シリーズの第1号が紹介されています。「小さい伝記」は、本号より1985年までの12年間に渡り合計13回「カメラ毎日」で連載されたシリーズです。2008年にはこのシリーズをまとめた単行本大サイズの作品集も刊行されています。入手したばかりのハッセルブラッドによる、こどもたちや人々との触れ合いから、自身の入院に至るまでの記録であり、植田自身の「伝記」でもありました。また、元々植田は山陰での撮影にこだわり、東は兵庫県と鳥取県の境にある居組から、西は山口県の萩までに限られており、その理由はこんなにいい風景が他にあるとも思えないし、旅行に行ってもすぐに家に帰りたくなるから、と語っていたそうですが、本号には北海道と岡山で撮影された写真が2点ほど含まれており、山岸章二曰く「植田正治・40年ぶりの浮気です」。
<Related Artists> 植田 正治 / Shoji Ueda
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ・少イタミ
order

TOP