NU・E

楢橋 朝子 / Asako Narahashi

¥3,800 + tax

Publisher/蒼穹舎

   Published/1997
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/230*288*15
Google Translate
日本の女性写真家・楢橋朝子の写真集『NU・E』。森山大道のワークショップを経て本格的に写真を開始したという楢橋朝子は、1989年に初めての個展「春は曙」を開催し、1990年には自身の発表の場としてギャラリー「03 FOTOS」をオープン。1992~1997年までモノクロによるシリーズ「NU・E」の連続展を開催し、1997年に写真集『NU・E』を刊行。2007年にはアメリカの「Nazraeli Press」から水面から捉えた光景をまとめた写真集『half awake and half asleep in the water』を刊行し、世界各地で個展を開催するなど、現在も国内外で注目を集める写真家の一人です。本書は、楢橋の初期を代表する作品を集めた1冊。町中のオブジェ(石像や看板、ショーウィンドウなど)や生き物、動物などをモノクロで写し出しています。オブジェの切り取り方などは、教えを受けた森山のような印象も受けますが、町で異質な存在を放つものへの鋭い視点や、動物たちの奇妙な存在感など、日常に生まれた非日常(異型)を写し取っているかのようにも思えます。
<Related Artists> 楢橋 朝子 / Asako Narahashi石内 都 / Miyako Ishiuchi
<Condition> ジャケット:少スレ、本体:天・地・小口少ヤケ
order
order

TOP