背高あわだち草 / Seitaka-awadachiso(First Edition)

尾仲 浩二 / Koji Onaka

¥27,000 + tax

Publisher/蒼穹舎

   Published/1991
Format/ハードカバー&スリップケース   Pages/-   Size/225*265*15
Google Translate
日本の写真家・尾仲浩二の写真集『背高あわだち草』。一時閉鎖するも2016年に再開した尾仲が運営するギャラリー「街道」をはじめ国内外で展覧会を開催するほか、「KAIDO BOOKS」から自身で出版も手がけるなど、多方面で精力的に活動を続ける尾仲浩二。本書は、尾仲のデビュー作であり代表作。ギャラリー街道にて1988年から1991年まで同名の連続展を行い、作品を発表してきた尾仲ですが、その延長に本書もあり、行く宛も定かでないまま、自身の故郷・九州をはじめ日本の原風景をモノクロでとらえたランドスケープ集です。2015年に復刻版も登場していますが、本書は1991年に蒼穹舎より刊行となったオリジナル。帯を写真家・中平卓馬が手がけており、率直に本書を評価したテキストを寄せています。「この写真作品集は、写真の基本的原点を十全に発揮した作品集で在る。結論的に言えば、尾仲浩二氏は、この時代そのものを的確にとらえ、表現した。素晴らしい写真集で在る、と断言できる、のだ」(中平卓馬による本書・帯より)。
<Related Artists> 尾仲 浩二 / Koji Onaka
<Condition> ケース:少スレ・少キズ・少イタミ
帯少イタミ、本体:縁少イタミ
order
order

TOP