『家族』 / The Kazoku(With OBI)

山田 利男 / Toshio Yamada

¥5,000 + tax

Publisher/写真通信社

   Published/1987
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/280*210*5
Google Translate
日本の写真家・山田利男(1941-2011)による写真集『家族 / The Kazoku』。様々な職を経て、1974年に第一期生として「ワークショップ写真学校(東松照明教室)」に入学した山田利男。後に東松照明教室のメンバーが中心となり新宿にオープンしたギャラリー「PUT」では、山田も展示を行っていますが、ここには本書の版元である「写真通信社」を主宰する矢田卓も参加。矢田は同世代の写真家たち(石内都や衣川真一ら)の写真集を数多く世に送り出しています。本書は、1987年度の土門拳賞の候補に入るなど、当時から高い評価を得ている一冊で、山田が暮らす足利の写真同人誌『VIEW』(1977-1985)で発表してきた家族写真をまとめた作品集。美術ジャーナリストの篠田孝敏が「家族の棲態を観察採集するといったひややかさを演じなければ、写真で家族は表現されない」と記していますが、生活感の溢れる室内で、妻や子、母のありのままの姿(寝顔や裸体など)が写し出されています。また、山田が『VIEW』で発表していた小説「欲望」も写真とともに掲載。編集・金子隆一、装丁・木村恒久。
<Related Artists> 山田 利男 / Toshio Yamada
<Condition> 本体:カバー少スレ、少イタミ、天少ヨゴレ
order
order

TOP