女時代写真集

塩原 一江 / Kazue Shiobara

¥2,000 + tax

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1982
Format/ソフトカバー&スリップケース   Pages/-   Size/150*210*18
Google Translate
日本の女性写真家・塩原一江の写真集『女時代写真集』。本書は、「40歳以上の職業を持った女性にあこがれ」、約100名の女性を取材、撮影してまとめた写真集です。1980年代初頭といえば男女雇用機会均等法の制定前で、女性の社会進出がそれほど声高に叫ばれた時代でもなく、男性社会の中で40歳を過ぎても活躍できる女性というのはごく一部だったと思われますが、自律した女性たちの生き方に焦点を当て、そのポートレートとともに紹介しています。食生活ジャーナリストである岸朝子や無印良品の創設メンバーとしても知られ、現在は十和田市現代美術館の館長を務めるコピーライターの小池一子、2018年に水戸芸術館で大々的な個展を行った霧の彫刻家・中谷芙二子をはじめ、音楽家、経営者、編集者、陶芸家、デザイナーなど様々な職種の最前線で活躍する女性たち93名を掲載。取材に4年を費やしたそうですが、それぞれのワークシーンで写し出される女性たちの豊かな表情が、そこに寄り添う写真家の仕事として際立っています。
<Related Artists> 松本 路子 / Michiko Matsumoto
<Condition> ケース:少スレ・少ヨゴレ、本体:カバー少シミ
地少キズ、その他経年並み  ※レターパックでの配送可
order
order

TOP