はるかかなたのこちらがわ

東村 記人 / Norito Higashimura

¥5,800 + tax

Publisher/Self-Published(私家版

   Published/1988
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/240*240*5
Google Translate
本書は、東京・高円寺でカフェ・サロン・ギャラリー「ギャラリーカフェ スリー(Gallery Cafe 3)」を営む東村記人の作品集。東京造形大学・造形学部・デザイン学科在籍時の卒業制作として刊行されたもののようです。以下、別紙の作者説明資料より抜粋「私が、この作品の中で一貫して求めていたものは、自己への問いかけだ。(中略)作品の構成についてであるが、第一に、形。類似したフォルムから生じる連鎖のイメージ。第二は、絵本的展開(ページネーション)。短いパーツに分解された文章が、他の要素(曲線・直線・点)によって流れていく。それに対して、無差別な写真がそれぞれに対応している。第三は、第二の展開を応用して順序(時間的ズレ)を考えた。文字(文章)によってイメージづけられる写真、またはその逆」。金井美恵子と渡辺兼人の共著『既視の街』のように、言葉とイメージがもたらす化学反応的要素に、イラストや絵本的デザインなども交えて、個性的にまとめられた稀有な一冊です。
<Related Artists> 渡辺 兼人 / Kanendo Watanabe
<Condition> ジャケット:少スレ・少ヨゴレ
本体:見返し少シール跡、その他経年並み  
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP