Fuck

加納 典明 / Tenmei Kanoh

¥3,000 + tax

Publisher/Akio Nagasawa Publishing

   Published/2012
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/300*220*10
Google Translate
日本の写真家・加納典明の写真集『Fuck』。植田正治に師事し、ライトパブリシティで活躍した後に自身のスタジオを創設した写真家・杵島隆に弟子入りして、カメラマンになる決意をしたという加納典明。60年代初頭より約2年間コマーシャル写真を叩き込まれ、以降はフリーとなって、広告制作、TVCF、エディトリアル等を担います。70年代以降は、アイドルや役者のポートレートや過激なヌードを発表する傍ら、テレビ、映画、音楽など写真家の枠を超えて活躍したアーティストです。本書は、1970年に発行されるも過激な内容故に発禁となった写真集『Fuck』が、40年の月日を経て甦ったカラー版です。『平凡パンチ』の撮影でニューヨークを訪れた加納のために、若き日の草間彌生がセッティングしたというパフォーマンスを撮影したもの。加納がカルチャーショックであったという男女が入り乱れる姿を、当時は日本で入手出来なかったという赤外線フィルムを多用して写し出しており、カラーで見るそれらはグラフィカルな効果となって表れています。内容は過激ですが、ファッション性も感じられる1冊。
<Related Artists> 加納 典明 / Tenmei Kanoh
<Condition> 本体:カバー少スレ、その他経年並み
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP