遥かなる地平 1968〜1977

百々 俊二 / Shunji Dodo

¥5,400 + tax

Publisher/赤々舎

   Published/2012
Format/ハードカバー   Pages/433   Size/193*270*35
Google Translate
日本を代表する写真家・百々俊二の写真集『遥かなる地平 1968〜1977』。1947年生まれ、九州産業大学芸術学部写真学科を卒業後、主に関西・大阪を拠点に活動を続ける百々俊二。『楽土紀伊半島』(1996)で日本写真協会賞、『千年楽土』(1996)で第24回伊奈信男賞、『大阪』(2010)で第27回東川賞を受賞しています。大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校・大阪)では長らく学校長を務め、教育者としても優れたフォトグラファーです。本書は、1968年から1977年に撮られた写真で構成された、百々の20代の軌跡(奮闘)とも言うべき作品で構成されています。学生運動が激化し、様々な闘争が各地で繰り広げられ、公害問題が発生し、またエネルギー転換で閉山する鉱山、返還前の沖縄や米軍基地、そして妻と生まれてきた息子といった社会的にも個人的にも様々な変動のあった時代を、公私を越えてドキュメントとした一冊。「45年間胸にわだかまっていた。吐き出し、虫干しし、ああでもない、こうでもないと尽きぬ思いを、すべてさらけ出して光を当てた写真集」(帯より)。
<Related Artists> 百々 俊二 / Shunji Dodo森山 大道 / Daido Moriyama阿部 淳 / Jun Abe
<Condition> ジャケット:少ヤブレ、本体:経年並み
order
order

TOP