砂丘・子供の四季 / Sand Dunes・Seasons of the Children

植田 正治 / Shoji Ueda

¥19,000 + tax
Publisher/朝日ソノラマ   Published/1978
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/210*215*13
戦後日本を代表する写真家のひとりである植田正治の写真集『砂丘・子供の四季 / Sand Dunes・Seasons of the Children』。1913年鳥取県境港に生まれ、17歳で写真を始め、2000年に逝去されるまで、約70年もの間写真を撮り続けた巨匠・植田正治。疎開のどさくさで、戦前に撮りためたネガを失い、戦後はカメラ誌や個展で作品を発表し高い評価を得ていたものの、あくまで知る人ぞ知る存在でありました。その植田が全国区そして世界へと羽ばたいていくきっかけは70年代にあり、カメラ毎日の山岸章二が編集を担った『童暦 / Children the Year Around』(1971)、そして朝日ソノラマ選書の写真集シリーズ・第11号に当たる本書も、その名を世に知らしめる十分な影響を及ぼしました。童暦をベースに50年頃〜70年頃までに撮影された図版で構成され、前半は植田の代名詞とも言える「砂丘」を舞台にした前衛的な演出作品で、後半は子どもをモチーフに、山陰の四季・風土が写し出されています。
<Related Artists> 植田 正治 / Shoji Ueda
<Condition> ジャケット:少ヤケ・少ヨゴレ・縁少イタミ
本体:天・地・小口極少シミ、その他経年並み
order
order

TOP