ゼロ次元 加藤好弘と六十年代 / Zero Dimention Yoshihiro Kato and '60s

平田 実 / Minoru Hirata

¥3,800 + tax
Publisher/河出書房新社   Published/2006
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/155*215*15
日本の写真家・平田実の作品集『ゼロ次元 加藤好弘と六十年代 / Zero Dimention Yoshihiro Kato and '60s』。2018年11月に病気のため逝去された平田実。1960年代、大学闘争や反戦運動などが過熱して、若者による活動が活発化する中で、従来の枠組みを超えて、街に繰り出しては「パフォーマンス」を行う前衛芸術集団が出現してきます。ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ、ハイレッド・センター、ゼロ次元、さらにはオノ・ヨーコ。。。それらの活動をジャーナリストとしてカメラに収めていたのが、この平田実でした。2000年以降、平田の再評価は進み、国内美術館やギャラリーにおいて、エキシビジョンが開催されるようになり、当時の貴重な写真資料を収めた作品集も刊行されています。本書もその一つにあたり、名古屋・東京を拠点に全裸パフォーマンスなどで世情を賑わせていた、「ゼロ次元」とその中心メンバーであった加藤好弘の軌跡がまとめられています。
<Related Artists> 吉岡 康弘 / Yasuhiro Yoshioka赤瀬川 原平 / Genpei Akasegawa
<Condition> ジャケッ:少スレ、本体:地少スレ
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP