日本村1969-79 / Japan Village 1969-79

山田 脩二 / Shuji Yamada

SOLD OUT
Publisher/三省堂   Published/1979
Format/ハードカバー   Pages/-   Size/270*373*20
日本の写真家・山田脩二の作品集。1939年兵庫県生まれ、桑沢デザイン研究所を卒業後、グラフィック・デザイナーを志すべく、凸版印刷に就職して、印刷や写真の勉強を行い、退社後はフリーカメラマンに。雑誌『SD』など主に建築や美術関連の写真で活躍し、70年代は、中古車で日本中を旅するなどして津々浦々のランドスケープやスナップを収めた「日本村」を、SD等で発表して、写真家としての地位を確固たるものとしました。しかし、80年代初頭に、突如カメラマン終止符宣言を出して「カワラマン」へと転身し、瓦の企画・製造・販売を通じて、建築・空間を演出する美の世界に飛び込み、現在に至ります。本書は、山田の70年代の代表作で、上空からのランドスケープから、独特な縦位置からのストリート、大都会から過疎化した田舎まで、「近代の都市の概念とはほど遠い、自然のなりゆきの国、つまり『日本は村である』」(平昌司)が具現化された世界がここにあります。写真構成は磯崎新・篠山紀信、山田及び大辻清司・高梨豊3名の対談が収録された別冊付き。(The Japanese Photobook 1912–1990 収録)
<Related Artists> 高梨 豊 / Yutaka Takanashi
<Condition> ケース:少スレ・縁少イタミ、本体:背少ヤケ
その他経年並み(小冊子付き)
order

TOP