こども風土記 / Children in Japan

濱谷 浩 / Hiroshi Hamaya

¥15,000 + tax
Publisher/中央公論社   Published/1959
Format/ハードカバー&スリップケース   Pages/-   Size/260*275*28
日本を代表する写真家・濱谷浩の写真集『こども風土記 / Children in Japan』。戦後から長らく日本の風土・民俗に焦点を当て、調査・研究を続けてきた日本のドキュメンタリー写真家の先駆け、日本人初のマグナム・フォトの寄稿写真家でもあった濱谷浩。戦前・戦後とはいえ、活気に満ち、近代化と経済・産業発展の著しい東京で生まれ育った濱谷が、始めて訪れた新潟県を見て、「時間」「文化」の格差を身に沁みて実感。そして40年代より日本海沿岸を旅し、過酷な気候と労働下に生きる人々の暮らしを丹念に探求して写真集として発表されたのが『雪国』(1956)。そして翌年、「写真集の教科書」として長らく高い評価を得続けてきた写真史にその名を刻む屈指の傑作『裏日本』(1957)を上梓。そして『見てきた中国』『詩のふるさと』(いずれも1958)に続いて刊行されたのが本書。日本全国の「四季」と「こども」をモチーフに構成された名著。モノクロ主体で、一部カラー収録。(The Japanese Photobook 1912–1990 収録)
<Related Artists> 濱谷 浩 / Hiroshi Hamaya
<Condition> スリップケース:少ヤケ・少シミ
帯少イタミ、ジャケット:縁少イタミ、本体:経年並み
order
order

TOP