glass eye Vol.2-1 / 第2巻第1号

-

¥15,000 + tax

Publisher/グラス・アイ・プロダクション

   Published/1974
Format/ソフトカバー   Pages/40   Size/230*230*5
Google Translate
本書は、関西アートシーンの重要人物であった森喜久雄が、1970年代より主宰していた伝説のギャラリー「モリスフォーム」の出版部門より発行されていた写真小冊『glass eye』シリーズの第2巻第1号(Vol.2-1)。森喜久雄は、60年代に移民船に乗船して渡米し、カルフォルニア芸術大学を卒業後に帰国。70年代よりモリスフォームを創設し、国内外のアーティストの場を作るとともに、ニュースペーパー「ジャム&バター」を発行、同時に写真家の夏谷英雄や糸川燿史らとともに写真誌『glass eye』も刊行していました。70年代には、プロアマ問わず多くの写真家が同人誌が作っていますが、コンポラやドキュメントものが多い中で、本誌は異色。森の海外コネクションをベースとした外国人アーティストの作品も多数収録され、さらには森の独特の感性・審美眼もあいまって、日本的様相が抑制された「現代アート」にも近いようなイラストレーションが描写されているところも特徴的です。本号では、荒木経惟も出品しています。
<Condition> 本体:カバー少スレ・少ヨゴレ、その他経年並み  
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order
order

TOP