印籠カメラ寫眞帖

植田 正治 / Shoji Ueda

SOLD OUT

Publisher/青幻舎

   Published/2011
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/200*213*13
Google Translate
日本が世界に誇る写真家植田正治の写真集『印籠カメラ寫眞帖』。こちらは植田正治の最晩年の作品をまとめた作品集。以下、本書記載の植田正治写真事務所・増谷寛氏のテキストより抜粋「1990年代はじめころから、植田正治は散歩の伴に35mmコンパクトカメラをベルトポーチに入れて、軽快なスナップ作品の制作をしておりました。本書『印籠カメラ寫眞帖』は月刊誌『アサヒカメラ』に1995年1月から3年の間にそこで発表されたシリーズ『印籠カメラ写真帖』の作品とショートエッセイ36点に加えて、同時期である1990年〜2000年に35mmポジフィルムで制作され、書籍等で発表されたものの、実際のプリントが成されていなかった作品を軸に植田生家に残されていたポジフィルムから「植田正治事務所」監修の下選定した基本的にトリミング無し、ストレートプリントの作品で構成いたしました」。
<Related Artists> 植田 正治 / Shoji Ueda
<Condition> ジャケット:少スレ・縁少ヤブレ、帯欠
本体:経年並み
※こちらの商品はレターパックでの配送が可能です
order

TOP