U & lc Type Selection

Mark Batty and Others

SOLD OUT
Publisher/Edition Stemmle   Published/1992
Format/ソフトカバー   Pages/176   Size/375*275*10
デザインの専門書として、デザイナーのハーブ・ルバーリンとInternational Typeface社(ITC)がタッグを組んで作られた雑誌『U&lc』(Upper and lower caseの略で、訳すと「大文字と小文字」)。この雑誌は1970年から1999年まで発行され、120冊以上が作り出されましたが、ITCからリリースされるフォントの宣伝媒体という性格も持ち合わせていました。『EROS』や『AVANT GARDE』といったセンセーショナルな雑誌を手掛けてきたルバーリンは、1981年までアートディレクションを務め、タイポグラフィとデザインの蜜月を誌面上で実現し、またエディターとしてITCの新しいフォントを使って誌面を構成する有能な若手デザイナーの選定なども行っていたそうです。本書『U&lc Type Selection』は、1992年に発行されたもので、ITCのフォントの見本帳のような内容となっており、フォントの紹介をはじめヴィジュアルなどが掲載されています。
<Related Artists> Otl AicherHerb Lubalin
<Condition> 本体:表紙スレ・ヨゴレ・ラミネート
一部ハガレ、天・地・小口ヤケ・ヨゴレ、見返しシミ、
その他経年並み
order

TOP