視心 / Watching

遠藤 知有 / Chiari Endo

¥19,000 + tax

Publisher/Self-Published(私家版)

   Published/1972
Format/ソフトカバー   Pages/-   Size/253*253*5
Google Translate
日本の写真家遠藤知有の写真集「視心 / Watching」。1947年長野県に生まれ、特待生として入学した日本大学芸術学部写真学科を卒業後、当時日本を代表する写真家高梨豊らを要し、写真家を志す人間の憧れでもあった’花形’日本デザインセンターに数百倍という競争率の難関をパスして入社。同時期には田中長徳らも在籍していました。そして数年間勤務後、1973年に渡米。アメリカの大学で学び、パラマウントのスタジオでアシスタントとして働き、以降は自身の会社を設立して、TV/CF関係のプロデュース等で活躍した遠藤知有。本書は1973年に自費出版で刊行した1st写真集。東京を中心に日本各地で撮影された図版で構成されています。当時の写真背景を物語るかのように、いわゆる’コンポラ写真'たる私的に切り取った風景が収録されており、ユニークな視点とコンセプチュアルな作品の数々に魅了される一冊。(重森弘淹宛)写真家サイン入り(Signed)
<Related Artists> 稲越 功一 / Koichi Inakoshi高梨 豊 / Yutaka Takanashi
<Condition> 本体:カバー少ヤケ・少ヨゴレ・少イタミ
天・地・小口ヤケ・シミ・縁少イタミ、ページ余白少シミ
order
order

TOP